ドクターコラム

  • 歯並びがわるいのですが、抜歯せずに矯正することは可能でしょうか?
  • ドクターコラム
  • HOME

歯並びがわるいのですが、抜歯せずに矯正することは可能でしょうか?

2018年11月23日

歯並びは自分で治すことができないので、矯正が必要です。
矯正は歯が並ぶスペースが足りないと抜歯をしてスペースを確保して歯を並べます。

お口の状態によって歯を整えるために抜歯をするのですが、健康な歯を抜きたくないと思う患者さんも多いですよね。

そこで今回抜歯をせずに矯正をすることは可能かどうかについてご紹介します。

 

【矯正はお口の状態によって異なる】

お口の歯並びは1人1人違います。
その歯並びによって適応になる矯正方法も変わってきます。

それほど歯並びが乱れていない時には抜歯をしないで動かすことができる場合もありますが、歯並びが大きく乱れていて、大きく動かさなければいけない場合にはスペースが必要になることがあります。

その場合には抜歯をした方がキレイな歯並びになることがあります。
無理に抜かない矯正をすると、前歯が出たように見えてしまうこともあり、お口に合った方法で矯正するこが大切です。

ただ、最近では「インプラント矯正」を行うことで抜かない矯正をすることができる可能性が増えてきました。

 

【インプラント矯正とは?】

インプラント矯正とは歯科用アンカースクリューというねじとプレートを用いて矯正する方法です。

従来の「ブラケット矯正」は歯を支点にして歯を動かすので、一番奥の歯より後ろへ歯を動かすことが困難でした。

しかし、この「インプラント矯正」は歯ぐきに歯科用アンカースクリューを埋めることで支点を歯ぐきにして一番後ろの歯より奥に歯を動かすことができるようになりました。

この方法はスペースを確保しやすくなるので、歯を抜かなくても良い症例が増えました。

また歯を支点にすると一緒に歯も動いてしまうことがありましたが、インプラント矯正はアンカースクリューを支点にするので安定性が出て、矯正期間も半分程度に短縮することが可能になりメリットの多い治療です。

ただ、矯正治療は自由診療なので、どの歯科医院でもこの治療法を行っているわけではないので、インプラント矯正を希望の場合には確認してから来院しましょう。

歯科用アンカースクリューは歯科用のインプラントとは異なり、矯正の期間のみで矯正が終わると外します。

 

最近では従来のブラケット矯正以外にもインプラント矯正やマウスピース矯正など矯正の選択肢が増えてきました。
お口の状態によって適応できる場合とそうでない場合があるので、治療を希望する場合には歯科医院で相談しましょう。

カレンダー

2021年4月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最新記事

アーカイブ

カテゴリー

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 入れ歯治療
  • 歯周病治療
  • 矯正歯科
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 予防歯科
  • お問い合わせ
  • 採用情報
  • ドクターコラム
  • 丹野歯科医院入れ歯サイト
お問い合わせ
TEL.03-3821-6435/診療時間 9:00-12:30 / 14:00-17:30 土・日・祝日休診

アクセス

丹野歯科医院

【住所】
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3-23-9
【最寄り駅】
JR山手線西日暮里駅・東京メトロ千代田線
西日暮里駅から徒歩3分(荒川区)