ドクターコラム

自分に合った歯ブラシの選び方

2018年10月29日

歯ブラシ選びを迷ったことはありませんか?
ドラッグストアに行くと色々なメーカーの歯ブラシがあります。

歯ブラシはお口の汚れをしっかりと落とすのに大切な役割をしますし、毎日使用するので、効果的なものを選びたいですよね。

そこで今回は自分に合った歯ブラシの選び方についてご紹介します。

 

 

【歯ブラシの毛の硬さ】

歯ブラシの毛の硬さは『かため』『ふつう』『やわらかめ』がありますが、一般的におすすめのかたさは『ふつう』のタイプです。

かための歯ブラシは力加減にもよりますが、歯ぐきを傷つけてしまうことや歯ぐきが退縮して『知覚過敏』になってしまう可能性もあります。

また、やわらかめの歯ブラシは少し汚れが落としにくいことがあるので、歯ぐきに炎症が起きている時や口腔外科手術をした後の回復期におすすめです。

そのため、特に症状がない時には『ふつう』の歯ブラシを選びましょう。

 

 

【ヘッドの大きさ】

ヘッドが大きいもの
ヘッドが大きい歯ブラシは、まず汚れを落としたい時におすすめです。
日頃歯ブラシの習慣がない方に小さなヘッドで細かく磨きましょうと伝えても中々うまくいかないことが多いです。

1度に汚れが落としやすく、歯磨きの時間を短縮することができるので、まずは、ヘッドが大きい歯ブラシで汚れが落ちている実感を持ってもらい、だんだんと細かな汚れの除去も行えるように移行していきましょう。

ヘッドが小さいもの
ヘッドの小さな歯ブラシはお口の小さな女性や細かな汚れを落としたい人におすすめの歯ブラシです。

1~2本細かく磨くにはヘッドが大きいと磨き残しが出てしまいやすくなります。
そのため、小さめのヘッドで歯ぐきに境目など汚れが残りやすい部分もしっかりと磨きましょう。

 

 

【歯科医院で販売している歯ブラシとの違い】

歯科医院で販売している歯ブラシの特徴は『用途に応じた歯ブラシ』を多く取り揃えていることです。

例えば『歯周病用』や『矯正用』、『インプラント用』など用途に分かれて様々なものがあります。

ドラッグストアで販売しているものの多くはどの方が使っても使いやすいような形態のものが多いのですが、お口の状態によっては『用途に応じた歯ブラシ』を使用した方が良い場合もあります。

歯科医院では歯科衛生士はお口の状態に合った歯ブラシを選んでおすすめすることができるので、色々な歯ブラシを販売しています。

歯ブラシ選びに迷ったら歯科医院で相談してくださいね。

カレンダー

2021年4月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最新記事

アーカイブ

カテゴリー

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 入れ歯治療
  • 歯周病治療
  • 矯正歯科
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 予防歯科
  • お問い合わせ
  • 採用情報
  • ドクターコラム
  • 丹野歯科医院入れ歯サイト
お問い合わせ
TEL.03-3821-6435/診療時間 9:00-12:30 / 14:00-17:30 土・日・祝日休診

アクセス

丹野歯科医院

【住所】
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3-23-9
【最寄り駅】
JR山手線西日暮里駅・東京メトロ千代田線
西日暮里駅から徒歩3分(荒川区)